MENU

お肌の乾燥がニキビを引き起こす

ニキビができるお肌というと、脂っぽくてベタベタした肌というイメージがありますが、実は乾燥肌でもニキビはできてしまうのです。逆に、大人になってからできるニキビ(いわゆる大人ニキビ)は、お肌の乾燥が大きな原因になっているのです。

 

 

そもそもニキビというのは、毛穴に皮脂や古い角質がつまってしまうことにより起きます。お肌が乾燥することで新陳代謝が悪くなり、古い角質がたまりやすくなっていってしまうのです。お肌のターンオーバーという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、お肌は何日間かのサイクル(一般的には28日〜56日。年齢があがるにつれて長くなる傾向があります)で生まれ変わります。しかし、お肌が乾燥してしまうとこのターンオーバーがうまくいかなくなってしまいます。その結果、古い角質がたまっていって毛穴をふさぎ、ニキビを引き起こしてしまうというわけなのです。

 

お肌の乾燥が引き起こされるのは、間違ったケアによることも実は多いです。多いのが間違ったクレンジング選び。オイルやシートなどの洗浄力の強いクレンジングを使うことで、お肌に必要な皮脂までも取り去ってしまうことがあります。また、洗顔のしすぎも乾燥の大きな原因。こういった間違ったスキンケアにより、お肌が本来持っている「バリア機能」が低下してしまい、角質層の保湿成分が少なくなってしまうのです。

 

なので、ニキビを防ぎたい方、治したいという方はとにかくお肌をしっかり保湿することが大切です。きちんと保湿されたお肌はターンオーバーがうまくいき、ニキビができにくくなりますよ。